スマホでも各引越し業者の見積が比較できる!
まずは引越し費用を確認してみてください。


⇒ http://hikkoshizamurai.jp/

一人暮らしの引越し方法

一人暮らしの引越しは、できるだけ安くできるよう、荷物をコンパクトにまとめること一番大切です。各業者では、単身パックなどお得な一人暮らし用のプランがあるので、そうしたものを利用するのいいかもしれません。

 より安く引越しをしたいなら、複数の業者に見積りを依頼することです。引越料金は、荷物の量と距離、時間で決まるので、事前に運ぶ荷物の量や距離を把握しておかなくてはなりません。

イラストD


 ただ、一人暮らしの引越しは、進学、就職、転勤などでする場合が多く、急ぎの引越しになるケースが多くなります。また、時期的にも、引越しシーズンに一人暮らしをするというパターンが増えます。そうなると、予約も中々ままならないことになるので、できるだけ早目に業者に予約することを心がけなければなりません。

 一人暮らしの引越しで荷物がかなり少ない場合は、レンタルで車を借りて、友人に手伝ってもらうと言う手もあります。そうすれば、レンタル代だけで、引越し代が節約できます。最近では、今後利用することも考え、カーシェアリングを利用する若者も増えているそうです。また、宅配業者に頼んで荷物をまとめて送ってもらえば、安く済みます。

 一人暮らしの引越しをする場合は、荷物の量をよく考えて吟味する必要があります。

引越しの単身パック

以前はあまりきちんとした基本プランとして用意されていなかった一人用の引越しプラン。つまり、引越しの単身パックについてお話させていただきたいと思います。

 まず、最近引越しの単身パックの利用を考えている方に、基本的な価格帯とプランを例にご紹介します。

 日通さんでは、単身パックが2つにわかれていて、Sパックプランだと、108横×74奥×154高で17,800円から、Lパックプランだと104横×104奥×174高で18,400円からとなっています。これにウェブ申し込み割引2,100円と、ボックスう数に応じた割引が適応されます。

 クロネコさんの引越しの単身パックは通常プランと、ミニタイプにプランが分かれていて、通常プランだと104横×104奥×170高で同一市町村14,700円から、ミニプランだと、104横×104奥×104高で13,650円からとなっています。なお東京から神奈川県間の引っ越しで通常の引越の単身パックを利用するのであれば約22,050円となっています。そして割引制度については、ウェブ割引、平日割引が2,100円、早期申込割引、複数BOX割引が1,050円となっています。

 上記を見てもわかるように大手で比べても結構な価格差がありますから、きちんと自分にあった引越業者さんというものを見つけてみてください。

レンタカーで引越し

引越をするという時に、専門の業者さんにお願いして引越しをするという方法ともう一つの方法。レンタカーで引越をするということをご紹介しておきたいと思います。

 最近は、大手のレンタカー屋さんでも、引越しようのトラックや貨物車両のレンタルを実施していて、2トントラックをレンタルして引越するということも可能になっています。特に12時間レンタルの場合は、大手の業者さんでも、1万円以下でレンタルすることができるため、できるだけ費用を抑えて引越しを実現したいと考えている方にとっては魅力的かと思います。

 ただし、この場合も、荷物に関する保険という意味では、引越し業者さんとは違い、荷物運送保険が入っていないため、テレビ等の家電製品の故障といったもののリスクは存在します。もちろん、個人でもこの保険に加入することができ、費用がかかります。ただし、こうなってくると、引越し業者さんと比較して選らんだほうが安くなるということも多いため、レンタカーでの引越しを考える時は、リスクと総費用ということを頭の中に入れて検討するということを忘れないでください。