スマホでも各引越し業者の見積が比較できる!
まずは引越し費用を確認してみてください。


⇒ http://hikkoshizamurai.jp/

引越しの手順を知っておきましょう

はじめて引越しをする人や数回程度しか引越しを経験していないという方にとって、引越しの手順というものは頭の痛い問題になっているかと思います。そこで、ある程度きちっと引越しを成功させたいという方に、引越しの手順を掲載しておきます。

 まず、引越が決まったら、生活インフラ、電気、ガス、電話水道等に関して、いついつまでで契約を終了させますという連絡をします。その後、家にある不用品を処分または、仕分けします。そうするとだいたいの引越荷物の量というものが把握できますから、引越見積もりサイトや近隣の業者さんに連絡して引越しにかかる費用を確認します。

 どうしても予算の中におさまらないという場合は、じぶんでレンタカーを借りて引越しをするということも手段の一つですが、一括見積もりサービスを使って業者間に価格競争をさせることで大抵の人が予算以下の費用で引越しできているそうです。

 引越し業者さんを決めた後は、荷造りをはじめます。そして、1週間前になると、現住所の役場へ行き、転出届を提出します。そして2日前か前日には、冷蔵庫や洗濯機等の水を抜いておき、近隣へあいさつにいきます。最終的に引越自体が終了すると、最後の引越しの手順として、転入届の提出。公的書類の住所変更。そして、印鑑証明の登録をやっておきます。ここまでやると、ある程度しっかりした引越しができるはずです。まずは引越し業者を数社に絞ることからはじめましょう。

引越しの方法

引越をするうえで、はじめての引越しという方にとっては、引越しの方法に悩むということも非常に多いでしょう。そこで、基本的な引越の方法というものをお知らせしておきます。

 まず、引越の方法としては、近距離であれば、トラックや自家用車を使って引越をするという方法があります。業者さんを使うこととの違いは、荷物に対する保険と、自身で時間をつくっておこなわなければならないという違いがあります。ただし、これについては、個人で荷物について保険をつけることができないのかという議論があります。

 この保険ということについては、原則として保険会社で引越荷物運送保険というものをかけることができます。ただし、あらたに契約をすることと、保険料ということを考えると、それほどメリットはないといえます。

 続いて、業者さんに引越を頼むという方法ですが、こちらは業者によって価格差が大きく、地域地域で強みを持つ業者さんがいるということも事実ですから、きちんと比較して決定する必要があります。

 そして最後に、引越しの方法として書類関係の準備ということをあげておきます。住民票の移動はもちろんのこと、公的書類の住所移転手続きといったものは事前に行っておく必要があります。